リクナビは新卒のときの就職活動で利用したという方も多いと思います。

リクルートは転職する方向けにリクナビNEXTを運営していますが、リクルートエージェントというサービスもあります。

リクルートエージェントとリクナビNEXTはどこが違う?

2つの違いを簡単に表現するなら、リクナビNEXTは転職サイト、リクルートエージェントは転職エージェントです。

比較項目 リクナビNEXT リクルートエージェント
求人数 約6000件 約10万件
サービス内容 あなたの都合がよいときに、いつでも自分で求人情報を探して、企業に直接応募ができる。

転職を有利に進めるために便利なWeb上のコンテンツや機能が充実している。
経歴を登録しておくと、興味を持った企業や400社を超える企業や転職エージェントからオファーが届くこともあり、知らなかった会社ともご縁ができる。

業界の採用事情に詳しいキャリアアドバイザーが求人を紹介したり、応募書類の書き方や面接対策などの転職サポートをしてくれる。
企業にあなたの強みをアピールしてくれるのも心強い。

キャリアアドバイザーに会って話をしたり、模擬面接などの転職サポートを受けたりする場合、リクルートエージェントに登録が必要です。

そのような必要はなく、多くの情報を得て、直接、企業に応募したいという場合は、リクナビNEXTがよいです。

リクナビNEXTのよいところ

企業や転職エージェントからのアプローチがある

職務経歴書、履歴書、希望の業界・職種などを登録しておくと、企業が探している人材に自分が合致している場合に、企業や転職エージェントからオファーが来ます

これ、自分では見つけられなかった、よい出会いもあるので、可能性が広がって、とてもいいです!

私も、よい会社からオファーをいただいたので応募して、入社した経験があります。

特に、「『今すぐに転職したい』というわけではない。よい条件(自分に合った条件)の会社があれば転職したい」という場合、

条件を登録しておくと、条件に合った会社の求人があったときにメールでお知らせをもらえるので、

リクナビNEXTを利用するとよいです。

「よい条件の会社はないか」と自分で頻繁に求人状況を調べなくて済むので

忙しい人にピッタリなのです。

企業とのメッセージ送受信の管理が楽々!

リクナビNEXTの会員ページにログインすると、受信したお知らせ、こちらから返信したお知らせなどが、整理されて表示されるのです。

会員ページから企業に返信したり、興味のある仕事のオファーに応募したりできて、自分の活動記録もまとめられるので、管理が簡単。

忙しい中、活動するのに便利な機能が、とても助かりました。

希望条件に合った転職先があるとお知らせをもらえる

希望の条件を設定しておくと、その条件に合った求人情報を自動的にピックアップして、メールで通知してくれます。

条件とは、たとえば次のようなもの。

  • 応募者全員と面接
  • 2年連続売上10%以上UP!
  • 上場企業のグループ会社
  • 離職率5%以下
  • 育児・介護休業取得実績あり
  • 管理職・マネジメント経験歓迎
  • 女性管理職登用あり
  • 子育てママ活躍中
  • 業界未経験歓迎
  • フレックス勤務OK

ここには書き切れないくらい、多くの条件で設定できます。

「どうしても譲れない」という条件については、最初からその条件に合った企業への応募のみを進めることができれば、効率がいい。

メールさえチェックすれば、検索条件に合った求人だけを確認できる!

忙しくて転職活動にあまり時間を割けない人でも、これなら、何とかできますよね!

自分でサイトにログインして、検索して。。をやらなくてもいいのは、忙しい人には、とても便利ですよ。

求人情報を提案してくれる

気になる企業を登録しておけば、その企業が募集を開始したらメールをくれるので、それだけチェックするというのでもOK!

また、次のような観点で、それぞれの人が興味を持ちそうな求人情報をサイトで見られます。

  • あなたの志向にあった求人
  • あなたの経験を求める求人
  • あなたに似た人の採用例から
  • あなたがすぐ応募できる求人

「あなたの志向にあった求人」だと、自分が求めている条件に合う可能性が高いですし、「あなたの経験を求める求人」など、これ以外のものについても、採用される可能性が高そうなので、これらの求人情報を優先してチェックすれば、転職活動をより効率行えますよね。

これ以外に「キャリア・チェンジに挑戦」、「中途・ベテラン歓迎」、「急募!面接1回」、「スキルを活かして収入アップ」、「女性の働き方特集」など色々な切り口で情報を探すことができます。

転職活動の道しるべになる

レジュメの完成度を診断できる

会員サイトにレジュメを登録することができて、5分で「レジュメ完成度診断」を受けることができます。

転職活動を成功させるためには、職務経歴書に魅力を表現することが重要。

レジュメ完成度診断」では、営業系、クリエイティブ系、サービス・販売系、技術系などの職種に合わせて、「すべての欄を記載できているか」、「読みやすい見た目になっているか」など、色々な観点から書類の完成度をチェックできて、個別アドバイスももらえる

その場で、職務経歴欄の内容をブラッシュアップできる。

少しでも成功率を上げるためには、書類もよりよいものにしたいですから、嬉しいサービスですよね。

自分の強みを診断できる

キャリアを考える上で、自分の強みを把握して育てることって、とても大切。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」なら、30分の診断テストで、あなたの強みを見つけることができます。

転職者の8割が登録している「リクナビNEXT」

ほとんどの人が利用しているということは、これを利用しないと出遅れてしまうということ!?

登録は1分でできて、もちろん無料

まだ登録していなければ、すぐに登録して、「レジュメ完成度診断」や「グッドポイント診断」を利用してみてください。

リクルートエージェントのよいところ

全求人の約90%が非公開求人で、約10万件!転職支援実績No.1。約31万人を成功に導いたエージェント。

職務経歴書や面接についてアドバイスしてくれるだけでなくて、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールしてくれるところも、とても心強いです。

求人数が多い

リクルートエージェント業界最大手なので、圧倒的に多くの求人情報があります。

書類選考をパスできる割合は20%程度、面接通過率は30〜40%と言われています。

つまり、書類選考を通過しても、60〜70%は面接をパスできないということ。

これを踏まえると、少し多くの会社に書類を提出して、視野を広げた方がよいと言えます。

どんなによいサポートサービスを実施していても、応募したい求人情報がなければ、応募することができません。

多くの求人があるリクルートエージェントは、よさそうな会社に積極的に応募するのにピッタリ。

実際、14日ほどの間に20社ほど紹介してもらえました。

リクルートならではの情報がある

社風、過去の面接での質問などの、サイトでは公開されていないような情報や、

長年、人材関連のサービスを多く運営しているリクルートならではの、

転職するまでに必要な情報・ノウハウが沢山あって、

会社の雰囲気などの求人票にも載らない情報を踏まえた上で、

長期的なキャリアパスを考慮した次のステップの提案、転職活動についての相談をしてもらえます。

リクルートならではのノウハウを踏まえて、提出書類の添削、面接対策をしてもらえたり、独自に分析した業界・企業情報の提供があるのも、嬉しい点でした。

面接対策などのセミナーが開催されている

また、「面接力向上セナー」などのセミナーに参加できます。

書類の改善はキャリアアドバイザーとのメールでのやり取りでもできますが、

面接での動きについては、実際に何度もやってみなければ、自然にできるようにならないもの。

面接にもコツがあって、慣れが必要です。

しかも、そのコツは本からは、なかなか学ぶのが難しい。。

面接では緊張しまう方が多いので、面接を突破する方法を伝授してもらえるセミナーに参加して、

模擬面接を体験するのとしないのとでは、大違いですよ。

面接セミナーに参加すると、面接通過率が30%も上がるとのことでした。

それぞれの業界をよく知る専任のキャリアアドバイザーに、あなた自身も気がついていない長所を発見してもらうこともできます。

登録、利用はもちろん無料。

複数のエージェントに登録して、転職・再就職の活動を行うのが一般的なので、まずは登録してみることをおすすめします。

実際に登録して、利用した私の体験談「RECRUIT AGENTの体験談」もご参照ください。

リクナビNEXTとリクルートエージェントはどちらがいい?

私の経験からすると、どちらのサービスにも登録しておくことをオススメします。

よりスムースに転職活動を進めるためには、履歴書・職務経歴書などの書類の添削、面接セミナーなどでサポートしていただいた方がよいですし、

企業・転職エージェントからオファーが届くと、知らなかった会社に視野が広がるので、とてもありがたいものです。

また、自分が求人情報をチェックしていないときにも、あらかじめ設定しておいた条件に合う求人があれば

自動的にお知らせをもらえるというのは、何かと忙しい中、

転職活動をしている身にとって、効率がよくて便利です。

ということで、どちらのサービスにも、転職・再就職活動に欠かせない良さがあります。

特に「リクナビNEXT」は、転職者の8割が利用しているサービス。

ということは、これを利用しないと出遅れてしまうということとも言えます。

登録は1分でできて、無料。

まだ登録していなければ、すぐに登録して、「レジュメ完成度診断」や「グッドポイント診断」を利用してみてください。