発達障害を抱えている方に向いている仕事とそうでないものがあります。

アスペルガーなどの方が仕事をする上で知っておかれるとよいことが書かれている本があるので、ご紹介します。

『人材紹介のプロがつくった発達障害の人の就活ノート』という書籍です。

『人材紹介のプロがつくった発達障害の人の就活ノート』のご紹介

第4章 仕事と会社の選び方
自分の特性を考える
発達障害の方に適した職業
現実的かつ適した職業とは
職種を読み解く~IT系
職種を読み解く~事務職
適していない仕事

次のような内容が紹介されているので、就活ではなく、転職活動をしようと考えている方や、職場でのコミュニケーションなどでお悩みの方にも、おすすめです。

第7章 働き始めてからのポイント
トラブルの時は
コミュニケーションで困ったら
職場の困りごと
感覚への対応の仕方
ビジネスシーンにおける身だしなみ
社会生活をスムーズに送るためのスキル
職場の人間関係のための基本的なこと
仕事の基本=ホウレンソウ
電話のマナー
ビジネスに適した言葉遣い

『発達障害の人の就活ノート2』完全版も出版されています。

第2章 就活で求められる準備とマナー
第3章 職場で必要なスキル
第4章 自己PR文作成[実践篇]
第5章 面接のポイント[実践篇]

『発達障害の人の就活ノート2』完全版では、就労移行支援事業所をはじめとした発達障害の人のための就労支援の仕組みも解説されています。

関連する書籍

転職4回、うつ病を発症後、30歳を過ぎて発達障害(ADHD、アスペルガー)と診断された方がメンタル、身体とも調子が大幅に改善し、グローバル企業で優秀賞で表彰されるまでになった経験をつづった本。

当事者の方ならではの話が評判で、2015年に出版後、増刷を重ねています。